ミナミ化工産業株式会社

企業情報 ●代表者    代表取締役 南 克寛  ●設立    1969年7月
●資本金    1000万円        ●従業員数  85人
●工場敷地面積 10,000㎡        ●工場建屋面積 7,000㎡
●生産形態   中量生産
●事業内容
1969年の創業より、火力・原子力発電をはじめとする各種プラントから船舶、そして航空機器や宇宙開発に利用されるロケット部品など、重工業分野において金属の表面処理を一筋に追求し、これまでに数々の実績を積み上げています。
企業概要 〒854-0066 諌早市久山町2387
TEL:0957-26-5656 FAX:0957-26-5655
Email:minami-1@cello.ocn.ne.jp
URL:http://www.minami-ci.jp/

ざまざまな金属材質に最適な化成処理および防食塗装を施工できるノウハウを有しています。
当社のオンリーワン、当社の自慢話
SS材の塗装下地には、パーカライジング処理がお勧めです。特にブラスト処理が難しい薄板や複雑な形状にも素地表面に均一な緻密な皮膜を形成し、塗料との密着性を高め、塗装剥離の心配がありません。
当社が希望する産産連携について
顧客価値を満足させるべく。共に知恵を出し合い、品質向上やコスト低減につながる協力関係を築くことができる企業を求めています。
主な取引先
・三菱重工業株式会社長崎造船所
・株式会社大島造船所
・ジャパンマリンユナイテッド株式会社
会社・個人の保有資格、免許・特許
・ISO9001:2008    ・公害防止管理士(大気)
・防錆管理士      ・塗装技能士一級
・環境計量士      ・NK溶接技量士(TIG)
主な生産能力/月産
金属表面化成処理 400TON/月
舶用配管組立溶接 1200本/月
将来ビジョン
陸・海・空・宇宙までの製品・技術とトータルソリューションにより、3E(エネルギーの安全供給、環境保全、持続的経済発展への貢献)の実現に貢献し、確かな未来を切り開くべく世界的視野に立った技術革新と、国際社会における調和をめざした事業展開を行い、つねに未来を見つめ、未知なる領域を開拓していきます。
主な製品と特徴
・金属加工品(SS材)の表面化成処理(リン酸塩/リン酸マンガン処理)
・金属加工品(SUS材、Al材)の不動態処理(パシベート処理)
・金属加工品(Ti材、Cu材)エッチング処理
・アルミ材の塗装下地処理(パルコート処理)
・金属加工品の塗装
・舶用配管組立・溶接(SS材、SUS材)
・配管材フレア加工(SS材、SUS材)
・出張工事(タービン、ボイラ、熱交換器等の配管内スケール除去)
・化学分析
主な機械設備と特徴
化成処理槽   L11,500×W2,000×H1,800   4槽
        L 6,000×W1,500×H1,500  5槽
不動態化処理槽 L 9,000×W1,500×H900   2槽
塗装乾燥ブース L 4,000×W1,950×H2,000  2基(MAX200℃)
排水処理設備  2基

事務局 長崎商工会議所 中小企業振興部 長崎市桜町4-1 TEL 095-822-0111 FAX 095-825-1490
Copyright © 2013 長崎工業会 All Rights Reserved.