株式会社渡辺造船所

企業情報 ●代表者    代表取締役 渡邉悦治     ●連絡担当者 松田眞由美
●設立     明治35年7月         ●資本金   3000万円
●従業員数   81人
●工場敷地面積 19,500㎡            ●工場建屋面積 9,360㎡
●生産形態   単品生産
●事業内容
当社は明治35年に創業し、主にまき網漁船、以西底引船等の漁船の造修を中心に事業を行い、常に顧客の意見・注文に耳を傾けて、ニーズに応じた建造を心掛け高い評価を得、現在でも業界トップのシェアを誇っている。平成5年に新工場を建設し、5,000総トンの許可を取得、貨物船・タンカー・セメント船・フェリー等の各種作業船等あらゆる船舶の建造を手掛けています。今一番求められている省エネ船の建造に力を入れ、低炭素化社会の構築へ向けて、技術開発に取り組み、また従来の船の単なる造り替えではなく、お客様のニーズに適切に応えられる様にさらに船主様が重要と考えておられる安全性と居住区の改善に十分対応できるよう船型を開発しています。
 創業以来110年受け継がれてきた細かな造船技法を守りつつ、先進他社と業務提携を図るなどして技術力の向上に努め、Dependable Shipyard 頼もしい、頼りになる造船所を目指しております。
企業概要 〒850-0977 長崎市土井首町509-13
TEL:095-878-4515 FAX:095-878-9756
Email:watazou001@nifty.com
URL:http://www.watanabe-zousen.co.jp


造船業と言うものは、不特定多数を相手にする流通業とは異なり、特定少数船主様を相手にする事業である。
従って船主様との依頼関係が最も大事で、船主様にリピーターになって貰わなければならない。船主様の要望、信頼に答える船造りが最も大事な事である。
当社のオンリーワン、当社の自慢話
・小型造船所の中では国内初めてとなる「移動屋根付き全天候型ドーム式船台」天候に左右されない建造工程、建造効率の向上、夏の暑さ対策や感電防止等従業員の健康や事故防止
・「船艙用ハッチカバー(ワタハッチ)」
 まき網運搬船のハッチカバーを開発し、1人でハッチの開閉作業が可能。安全性の格段の向上と重労働を軽作業に可能ならしめ、現在ではまき網運搬船の必需品となっている。
・「船舶の推進機構」
 各プロペラの渦流が互いに干渉せずに船舶の推進力を向上することができる船舶の推進機構を提供する。現存船への装備による船速アップと省エネ効果がある。現在は漁船に採用されておりますが、他の船種にも可能。
・「ラダーポット」
 ラダーポットは省エネ装置で舵に簡単に装着出来る。省エネ効果3~4%、同じ速力でも燃料消費が良い。ラダーポットの省エネ原理は、プロペラ回転流の回収付加推力の発生で、高速域(フルード数の高い)船に適している。
・「ラダーバルブ」
 プロペラ後過流の推進力への還元(4%)と振動低減
当社が希望する産産連携について
・配管系統のシステム化
 船の中には、日常生活、運航、環境保全等のために、清水や燃料、排水の配管が張り巡らされ、タンカーにおいては、貨物の特異性、作業性、安全性を目的に、さらに複雑な配管の系統が存在する。
 この配管は、機器・パイプ・ポンプ・バルブ・継ぎ手・タンクなどで構成される。構成されるメーカーとの連携で、簡略されたシステムを構築する。
主な技術の紹介
・環境に配慮し、CO2削減が出来る電気推進船「スーパーエコシップ船」に取り組み、電気推進方式のセメント運搬船2隻を建造。その技術により九州運輸支局賞を受賞する。
・タイ国まき網漁船国際デザインコンテスト「革新的デザイン賞」を受賞(日本とタイの交流に自社の造船技術で貢献)
・「技能伝承師範制度」
  艤装、造機、ファーネス(鉄板曲げ加工)にスペシャリストの熟練工を任命、技師伝承している。
主な取引先
三菱商事 伊藤忠商事 太平洋セメント ジェネック 上野トランステック、月星海運 第一中央汽船 東海運 新日本近海汽船 沖縄県離島海運振興、共和水産 大洋エーアンドエフ 清洋水産 輪島漁業生産組合
会社保有資格
・特許登録  船艙用ハッチカバー(ワタハッチ)
       船舶の推進機構
       横架式防舷材
・特許出願中 ラダーポット
・実用新案  ラダーバルブ
・個人資格(塗装)  NACE COATING INSPECTOR LEVEL2-CIP 高所作業車運転技能
主な生産能力/月産
・漁船、内航船等の新造船を年に8隻程度まで建造可能
・修理船 月20隻程度修理工事可能
主な製品と特徴
・各種船舶設計建造並びに修理
【漁船】・・・船体が小さい割りに耐航性・安全性・スピード・操縦性とあらゆる条件を求められ、水槽実験等技術開発を行っている。
【貨物船】・・・荷物(一般材・鋼材)をより多く安全に運び省エネルギーに対応。
【タンカー】・・・液体物を安全に運び効率より荷役作業が求められる。
【ケミカルタンカー】・・・化学物質等の危険物を運び、我社はケミカルタンカーの中でも非常に厳しいランクのタイプⅠの船の建造実績を有している。
【タッグ】・・・小さな船体で大きな推力と安全性に対応。
【セメント船、LPG運搬船、プッシャーバージ、押船、フェリー、RORO船等】
・建設業(鋼構造物工事業)
・諸機械の設計並びに製造修理
・海上クレーン設計並びに製造修理
主な機械設備と特徴
工場別 船台数(基) 建造船体寸法(LPP×B) 建造能力(G.T) クレーン 工作設備
本社
工場
1 93×19
船台(105×22)
5,000 50/20t×1(塔型)
10t×1(塔型)
10t×1(天井)
10t×2(門型)
アーク溶接機 160台
CO2半自動溶接機 40台
サブマージン自動溶接機 1台
溶接ロボット 10台
TIG溶接機 4台
MIG溶接機 4台
戸町
工場
3 50×8  併用時
50×8  最大幅20
50×8
450×3 15t×1(塔型)
10t×3(塔型)
プラズマ切断機 4台
プラズマ半自動切断機 3台
コンプレッサー 25kw4台
施盤 3台
ラジアルボール盤 1台
セーパー 1台
ミーリング 2台
油圧プレス 350T 1台
アングルベンダー 1台
パイプベンダー 5台
リフティングマグネット 1台
その他
地域貢献
・長崎海上保安部長より感謝状(海事保安業務に深い理解と海の日に、長崎市民の海に対する理解に多大な貢献)
・大浦警察署長より感謝状(交通安全に深い理解を示し交通安全意識の普及啓発に多大の貢献)
・海上自衛隊佐世保地方総監より感謝状(海上自衛隊の各種行事等任務遂行に大きく貢献)
・長崎市長より感謝状(東日本大震災復興支援事業に役立てる為、行政運営に大きく貢献)

事務局 長崎商工会議所 中小企業振興部 長崎市桜町4-1 TEL 095-822-0111 FAX 095-825-1490
Copyright © 2013 長崎工業会 All Rights Reserved.