会員企業情報TOP 会員企業情報TOP
会員企業情報詳細 Member detail
企業アイコン
株式会社日本ベネックス
地域未来牽引企業(経産省認定)社会のインフラを支える仕事をしています。
企業イメージ1
会社経営の強み
設計から組立・検査までの一貫生産、九州最大級の板金加工設備を用いた高品質なものづくりを行っています。
1957年の創業以来、精密板金加工と呼ばれる金属加工を中心に、数多くの電気・電子機器、産業機器の製造を手掛けてきました。代表的なものとしては、サッカー場や野球場の大型映像装置、非常用発電機などを製造しています。商品開発から設計・機械加工・溶接・塗装・組立・検査に至るまで一貫生産できることが強みです。九州最大級の最新板金加工設備を用いて高品質なものづくりを行っています。
新規事業にも積極的に取り組んでおり、2012年からは太陽光発電を中心とする環境エネルギー事業に参入し、日本ベネックス第2の柱の事業となっております。
企業イメージ2
リクルートの強み
社員の働きやすさと業績の両立を目指しています。
企業の将来性を決める最も大きな要因は人材です。日本ベネックスは採用の強化、働き方改革の推進に取り組んでおります。教育研修制度の拡充による社員の能力向上、仕事の見直し・効率化による生産性向上を図り、社員の働きやすさと業績の両立を目指しています。
未経験でもやる気と好奇心があれば問題ありません。まずはベテランの先輩社員と一緒に仕事に取組み少しずつ仕事のやり方を覚えていきましょう。
今後の展望
新事業が評価され経済産業省により「地域未来牽引企業」に選定されました。
新たに立ち上げた環境エネルギー事業においては、2014年に単独物件の屋根借りメガソーラーとして国内最大級となる2・38MWの自社発電所を稼働させるなど、約21MWの太陽光発電所の設置を手掛けてきました。
直近では住友商事との共同事業として電気自動車の使用済み蓄電池を用いたVPP(バーチャルパワープラント)実証事業に参画しています。
このような取り組みが評価され、経済産業省により「地域未来牽引企業」に選定されました。
会社概要
住所
〒854ー8555 諫早市津久葉町99
電話番号
0957ー26ー5111
FAX
0957ー26ー7207
創業
1957年10月
設立
1966年4月
資本金
9,500万円
従業員
122名
ホームページ
http://www.japan-benex.co.jp/
主な事業内容
大型映像装置、産業機器、電気・電子機器、空調冷熱機器の設計/製造
太陽光発電システムの設計・施工及び自社発電所の運営
主な取引先
産業機器メーカー、電子機器メーカー他
当社の思い
企業イメージ3

代表取締役社長
小林 洋平

変化を楽しみながら社会に対して付加価値を提供し続ける会社を目指します。
事業環境の変化のスピードは速くなり、過去と同じことだけをしていれば生き残れない時代となりました。
変動する社会に臨機応変に対応し、変化を楽しみながら会社を進化させ社会に対して付加価値を提供し続けることができる会社を目指します。
一覧へ戻る
 
 

トップへ