会員企業情報TOP 会員企業情報TOP
会員企業情報詳細 Member detail
企業アイコン
日本紙器株式会社
小ロット短納期に対応する段ボールの製造メーカーです。
企業イメージ1
会社経営の強み
グループの総合力を発揮して、小ロット・短納期による製品の提供を実現しています。
長崎県で唯一の段ボール貼合機を有するコルゲーターメーカーとして、長崎県その他近隣県への段ボールケースを製造販売しています。事務所と工場を社内LANで結び、リアルタイムでの素早い対応による短いリードタイムと輸送力に支えられたデリバリーサービスを強みとし、安定した品質の製品を顧客へお届けしています。
また、物流の更なるコスト削減に応えるためケース強度を維持しながら材質の軽量化や自動梱包ラインでのトラブルを解決する提案などを行っています。
企業イメージ2
リクルートの強み
物作りの仕事が好きな人、大歓迎です。
日本紙器株式会社には若い社員から熟練者まで幅広い世代の人たちが働いています。女性が働きやすい環境整備にも力を入れています。経験に応じての資格取得や外部研修も実施しながら個人のスキルアップを図っています。
工場のある時津町日並郷は北に大村湾を臨み南に鳴鼓岳を擁する風光明媚な土地ながら近年は大型の商業施設が立ち並び、日常生活の環境も整っています。
今後の展望
過去の経験にとらわれず、新しい事に挑戦していきます。
設備の更新、工場ラインの自動化をより進めていきます。同時に機械だけではできない手作業が必要な高付加価値の製品への取り組みにも力を入れていきます。段ボールの素材を活かした遊具や災害時のベッドなど、箱以外への展開も進めていきます。また、段ボールだけでなく、プラスチックダンボールやテープ、紙製精霊船などの販売を通じて事業の幅を広げていきたいと考えています。
会社概要
住所
〒851ー2108 西彼杵郡時津町日並郷2233
電話番号
095ー882ー2521
FAX
095ー882ー2804
創業
1961年9月8日
設立
1961年9月8日
資本金
4,300万円
従業員
65名
ホームページ
http://www.nihonsiki.co.jp/
主な事業内容
段ボール製造業
主な取引先
全農、日本ハムグループ他
当社の思い
企業イメージ3

代表取締役社長
杉本 潔

お得意様のご繁栄なくして当社の発展はない
長崎の地で創業し、以来57年にわたり、人々の暮らしになくてはならない段ボールケースの製造メーカーとして日本紙器グループにしかできない「ものづくり」を追求してきました。これからもより良いサービスを提供していけるよう、チャレンジを重ねていきます。
一覧へ戻る
 
 

トップへ